「カピタン・アラトリステ」シリーズと映画「アラトリステ」の背景知識と翻訳裏話


by KATO Kosei Ph.D
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

剣、棍棒、銭、そして聖杯

 「カピタン・アラトリステ」シリーズでは、登場人物がたまにカルタ賭博で盛り上がるシーンが出て参ります。特に2巻では●●●●●●●●●と●●●●●がビクーニャの賭場で密会するシーンなんかもあったりして、なんか大人の雰囲気って感じですな。
c0075800_1759386.jpg

 そのカルタ(邦訳では日本語の慣例に従って「トランプ」としていますが)、現在私たちが知っているあの「トランプ」とはデザインが少し違うみたいです。日本で普通「トランプ」といえば「スペード、ダイヤ、ハート、クラブ」で、なんでしたっけ、なんかそんなデザインの奇天烈な扮装をした戦隊がいましたね。ゴレンジャーか? 
c0075800_17584629.jpg

 なのですが、当時のスペインで使われていたのは剣、聖杯、コイン、棍棒だったようです。ネット上でそれらしい画像を拾って来ました。剣がスペード、聖杯がハート、コインがダイヤ、棍棒がクラブへと簡略化されたわけですね。それぞれ騎士、聖職者、商人、農民を象徴するなんて意見もあるようですが、詳しいことは藪の中です。
c0075800_17583047.jpg

[PR]
by waka_moana | 2006-08-19 17:59 | 文化