「カピタン・アラトリステ」シリーズと映画「アラトリステ」の背景知識と翻訳裏話


by KATO Kosei Ph.D
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:王様たちのはなし( 21 )

El Misterio Velazquez


 なかなか面白い中編を読みました。

 エリアセル・カンシーノ『ベラスケスの十字の謎』宇野和美訳、徳間書店、2006年

 原著は1998年に発表されています。いわゆるジュブナイル小説ですね。主人公はフェリペ4世の宮廷に使えた道化という設定です。「アラトリステ」では3巻のエピローグに登場していたベラスケス、あれは1630年代初めということになっていましたが、この本は1650年代の王宮が舞台。ということは、もちろん隊長やコポンス兄はロクロワで戦死していますね。イニゴくんは1609年前後の生まれだから、ベラスケスが1660年に死んだ時には51歳。だからイニゴくん40代中盤から50代にかけての時期ということになります。ってことは、おそらくこの物語の時期の王宮の近衛隊の幹部クラスだったでしょうね。

 さて、どんなお話かと申しますと、原題はEl Misterio Velazquez(ベラスケスの謎)ってなものでして、邦題と合わせてとにかくベラスケスにまつわる謎というのはわかりますやね。それで、以前にも紹介したような気がしますが、ベラスケス晩年の超大作「女官たち」の中に描かれたベラスケスの胸にある赤い巨神兵マーク。我らがケベード爺の胸にも入っているあの聖ヤコブ騎士団の紋章なんですが、あれはベラスケス自身が描いたものではなく、彼以外の誰かが描いたものなんです。王室所有のベラスケスの名品にそんなことをしてしまえるのは、所有者であるフェリペ4世陛下なんじゃないかってのがもっぱらの噂なんですが、この本ではその犯人を別の人物として、物語を構築しているのですな。

 プロットは、まあ中編ですからあまり複雑なものではないですし、スレた読者なら途中で読めてしまう部分もありますが、全体としては17世紀スペインの雰囲気は上手く出せていると思います。訳文は、ちょっと拙いというか舌足らずな表現が気になるといえば気になりますが、もともとの設定がティーンエイジャーの手記ということになっていますから、あまり美麗だったり重厚だったりする方がおかしいとも言えます。「アラトリステ」シリーズの愛読者であれば、そこそこ楽しめるのではないでしょうか。

 ちなみに私が面白いなと思ったのは、フェリペ4世の人物造形ですね。「アラトリステⅤ:黄衣の貴人」でも最後に味のあるところを見せてくれる彼ですが、この本でもただのボンクラ馬鹿殿ではなく、意外に思慮深い国王というような描かれ方をしているんです。歴史の概説書では画家のパトロンとしてしか評価されない凡庸な国王という評価が基本の彼なんですが・・・何なんでしょうねえ、やはりスペイン人作家が17世紀スペインを舞台に物語を作るとなると、ちょっとは気の利いたセリフや役割を与えたくなるもんなんでしょうか。
[PR]
by waka_moana | 2008-10-29 11:52 | 王様たちのはなし

王女マリア・テレサ

 名古屋ボストン美術館で開催されている「ヨーロッパ肖像画とまなざし」展に、我らがフェリペ4世陛下の娘君、マリア・テレサ殿下の肖像画が来ているようです。制作はベラスケス・・・・・の工房。つまりベラスケス先生の弟子ですな。

http://www.nagoya-boston.or.jp/data/a01_01.html


 このマリア・テレサちゃんは1659年に締結されたピレネー条約でフランス王家に嫁ぐことが決まりました。ピレネー条約というのは西仏戦争を集結させるための条約で、ルション地方のスペインからフランスへの割譲、マリア・テレサちゃんの輿入れ、そしてマリア・テレサちゃんが巨額の持参金を持っていく(という言い方で要は戦争の賠償金を巻き上げられた)という内容でした。辛うじてマリア・テレサちゃんのスペイン王家継承権放棄は確保しましたけれども、まあ何ですな、ハプスブルグ朝スペインにとどめをぶっ刺した条約です。

c0075800_21472511.jpg


 というのもですね。我らがフェリペ4世陛下は息子カルロス2世に王位を継承させたのですが、このカルロス2世が後継者を残せなかった為に、次の代でスペイン王位はなんとマリア・テレサちゃんがルイ14世との間に産んだ息子・・・の息子、つまり孫のアンジュー公フィリップに行ってしまったのですよ。

 ま、マリア・テレサちゃん自身もお母さんはフランスのブルボン家から嫁いで来たイサベル王妃殿下。2巻でイニゴくんの宗教裁判を見物していらしたあのイサベルちゃん。イニゴくんの彼女のご主人様。ですから、要するに「お互いに仲が悪く隙あらば財産や地位を掠め取ってやろうと狙っている親戚同士」の争いなんですねえ、この時代のヨーロッパの戦争というものは。
[PR]
by waka_moana | 2006-12-15 21:45 | 王様たちのはなし

その頃日本では

 今日は4巻5章を上げて送稿しました。いやあ、1巻を5倍パワーアップしたみたいな巻で面白いっす。

 さて、この4巻で隊長が暗躍するセビージャの町ですけれども、年に一度、ヌエバ・エスパーニャつまり中南米地域から巨大ガレオン船団が到着して荷下ろしするのが慣例でした。ですけれども、この船団、持ってくるのはアメリカ大陸産の品物だけじゃなかったんですね。

 さらに何を持ってきたのか。南極のペンギン? いやそうじゃなくて、アメリカ大陸のその先ですよ。フィリピンは1570年代にはだいたいスペインの支配下に入ってましたからね。そのスペイン人はどこをどうやって来ていたのか。アフリカ回りなんてめんどくさいことはしませんでした。今のメキシコ、アカプルコから船出して沖に出れば、北赤道海流と偏西風がちゃちゃっとマニラまで船を連れて行ってくれた。帰る時は北赤道海流にもう一度乗れば、これはそのまま北に向きを変えて黒潮になり、三陸沖から北太平洋海流となって北米大陸まで帰りのベルトコンベアーです。

 はっきり言って、ポリネシア人のハワイ・タヒチ間航海より遙かに簡単でした。常に追い風・追い潮だし、的はでかいし。

 そんな訳で、隊長の青春のセビージャにもマニラ経由で中国の品々が流れ込んでいたんですな。日本の海禁政策が始まったのが1616年だから、隊長が33歳頃のことでした。イニゴくん7歳。

 ところで、実はイエズス会は長崎を城塞都市にしてキリスト教の牙城とするつもりだった、という説があります。割とまともな研究者が最近発表した説だったと思いますが、今ちょっとソースを見つけられません(もうすぐ夕食の準備しないといかんし)。1596年のサン・フェリペ号遭難事件(スペインのガレオン船が四国に漂着した事件)で、この船の乗組員が「キリスト教の布教とスペインの植民地獲得は表裏一体の事業である」というようなことを豊臣秀吉に話してしまったのが、秀吉によるキリスト教弾圧の大きなきっかけになったわけでして。それで日本列島から叩き出されたスペインの後釜に座ったのが、3巻で隊長が何度も死ぬ目に遭わされる永遠の宿敵オランダ(笑)。

 なんだ、あっちとこっちで大概歴史繋がっとるやんけ。面白い。こんな面白いものを何でみんな勉強したがらないのか。暗記か。まあ世界史なんてもんは年表持ち込み可で試験すれば良いと思うんですがね。

 余談はさておき、もしもサン・フェリペ号遭難事件が起こっていなかったとしたら。案外、隊長の最後は長崎城攻防戦で真田十勇士と死闘を演じて、最後は猿飛佐助と差し違えた、とかだったかもしれませんね。ちなみに大坂夏の陣は1615年。隊長32歳。男盛りです。c0075800_21374094.jpg
[PR]
by waka_moana | 2006-12-05 18:04 | 王様たちのはなし

もう一つの引っかけ

 「ヘラクレスの柱」の話というかこぼれ話がもう一つあります。

 実は、「ヘラクレスの並木道」を探り当てる前に、ルート分岐で間違えてバッドエンディングに向かいかけたんですよ。非常に巧妙なひっかけでした。それがこれ。

c0075800_0541320.jpg


 これ、スペイン王国の紋章です。左上のお城がカスティーリャ王国、右上の獅子がレオン王国、左下のしましまがアラゴン王国、右下のこれは十字と聖アンドレアス十字(X字)、それに輪になった鎖を組み合わせたもので、ナヴァラ王国の紋章です。さらに盾の下の尖った部分の石榴はグラナダを表しています。中央の丸の中にある三つの百合の花はブルボン家の紋章。

 それで盾の左右に突っ立っている二本の柱なんですが、これが実は「ヘラクレスの柱」すなわちジブラルタル海峡を象徴しているんだそうですよ。柱の上にある二つの冠はそれぞれスペイン王国と神聖ローマ帝国の冠なんだとか。カルロス1世(カール5世)の痕跡ですな。ラテン語のモットー「plus ultra」は日本語にすれば「さらに先へ」。

 イニゴくんの彼女といえば王妃付きの女官ですから、この紋章が何か関係あるのかと思ってしまいました。関係無かったんですけど。

 ちなみに現在の国王、ファン・カルロス1世個人の紋章は、この紋章から「ジブラルタルの柱」を抜いて、その代わりに聖アンドレアス十字(ブルゴーニュ公爵家の象徴)と金羊毛騎士団の紋章を組み合わせたものです。
[PR]
by waka_moana | 2006-11-29 01:03 | 王様たちのはなし

ハゲには嬉しい特典です

 先代が武闘派だった話はしましたが、では三代目ガスパール・デ・グスマンは、「アラトリステ」1巻や2巻の時代には何者だったのでしょうか?

 隊長がマドリの夜の闇の中に忽然と姿を現したのが1623年3月17日。この日、例のチャールズくんがマドリにやってきたのです。一方の三代目ですが、彼が中央での栄達のハシゴの一段目に片手をかけたのは1615年でした。8年前。8年前に、王太子となったフェリペ(後の4世)の6人の侍従の一人に選ばれたのが、三代目の栄達の直接のきっかけでした。

 このフェリペが国王に即位するのは1621年の3月31日です。1巻の2年前。そんなつい最近に即位した方だったんすねえ。

 そしてこの年の4月10日。現在のプラド美術館の裏手になりますところのサン・ヘロニモ修道院で、国王陛下臨席の午餐会が開かれました。この席でフェリペ4世は、三代目にこう声をかけます。

オリバーレス伯爵、着帽のままで良いぞ

 これが何を意味するか。つまり国王の前での脱帽と起立を免除される特権がオリバーレス伯爵位に付与されたってことです。そう、国王陛下のお言葉一つで良いんですね。書類とか要らないみたいです。また子爵や男爵がこの特権を与えられることも無かったみたいですね。

 かくしてオリバーレス伯爵位は「大貴族(グランデ)」となる。三代目にしてようやくの到達です。

 それが1巻のわずか3年前。しかも、この後の3年間の間に「寵臣privado」と言う、大臣の中でも国王の代理をすることが出来る特権的なポジションにまで到達してしまった。

 この「寵臣」というのは役職名ではなく、慣習的に用いられる呼称なのですが、これは別に目下の者が呼んでも良いらしいんです。面白いですね。近代国家の創成時にはこういうことが結構あります。当初は慣習であった名称や立場がいつの間にか制度になる。イングランドの「総理大臣Prime Minister」というのも、実際の役職名は「第一大蔵卿First Lord of theTreasury」つまり主席財務大臣だったりします。ロバート・ウォルポールという人がこの役職をやっていた時、彼の権力が極めて大きかったので、「首席大臣Prime Minister」と呼ばれるようになったんすな。これと同じように、スペインでも15世紀前半にアルバロ・デ・ルナという人が国王ファン2世の代理のような形で権力を振るって以降、彼のような立場を得た人物を(本人を含めて)「寵臣」と呼んだ。

 「大貴族」になってから「寵臣」まで3年っすよ。3年。中学生が高校生になるくらいです。閣僚歴の無い官房長官が日本の総理大臣になるのだってもう少しかかったんじゃないか?

 いかに急速に彼が成り上がった人物かということですね。当時34歳。1巻の時点では36歳。イケイケ状態です。
[PR]
by waka_moana | 2006-10-31 00:16 | 王様たちのはなし
 2巻では美味しいところを持っていったオリバーレス伯爵。3巻ではお休みですが、彼は結構面白いエピソードを抱えた人物なんですね。

 もともとオリバーレス伯爵家というのはですね、当時のスペインでも最も強大な貴族の家であったメディナ・シドニア公爵家から分家した家でした。初代がメディナ・シドニア公爵家の三男坊だったのかな。

 我らが変なルックス(映画を見る限り)のオリバーレス伯爵は三代目です。グランデ(国王の前での脱帽と起立を免除される特権)をゲットしたのは彼の代だから、まあ新興貴族っすね。

 でも今日は二代目の話ね。二代目のオリバーレス伯爵はローマに派遣されたスペインの大使でした。三代目のガスパール君も生まれはローマ。で、この二代目が凄い武闘派だったらしいです。

 なんでも、二代目はローマ駐在時に、使用人を館に集めるのに館の鐘を鳴らしていたんだそうですよ。ところが当時のローマで鐘を鳴らす権利があるのは枢機卿(教皇のすぐ下の高位聖職者)以上。一方、スペイン大使は大司教(枢機卿の下)扱いだったので、当然ながらクレームが殺到したわけです。

 それで教皇庁に呼び出されて教皇に「鐘を鳴らすのを止めろ」と言われた二代目、逆ギレです。教皇庁の収入の2/3はスペイン領内から入っているそのスペイン国王の代理人さまに、たかが教皇ごときが生意気な口聞いてるんじゃねえぞオラ。

 本当にそうやって啖呵を切った。

 しかしここで引き下がっては教皇もメンツが立たない。押し問答の末、二代目は「わかったよ鐘は勘弁してやらあ」と言い捨てて館に帰りました。

 それで二代目がどうしたか。鐘を鳴らす代わりに大砲を持ち出して空砲をぶっ放した! これまでは鐘だったのが、今度は大砲ですよ。ええ。スペイン人、アホです。もう最高。

 結局折れたのは教皇でした。鐘は鳴らしても良いから大砲は止めてくれとワビを入れた。まあなんですな、偉い人も喧嘩をするときは子供に戻る。そういうことでしょうか。え、そんなの新聞読んでればわかるって? こりゃあ一本取られましたな。

 それではお後がよろしいようで。。。。
[PR]
by waka_moana | 2006-10-26 21:10 | 王様たちのはなし

かわいそうな伯爵

 1巻から既に存在感を発揮しておられますオリバーレス伯爵。3巻あたりからは伯公爵に固定なのかな? さて、このお方、当時も現在もスペインでは非常に評判が悪いのだそうです。現在の評価は「フェリペ4世治世下で独裁的な寵臣政治を行って、スペイン凋落の最終的な引き金を引いた」。

 ですが、作中の描写からもわかるように、彼は単なる無能な寵臣ではありませんでした。少なくとも、17世紀前半にスペインと対峙していた国々(フランス、イングランド、オランダ)の政治家たちが最大の難敵と見ていたのは彼だった。また、当時の外交官たちが国元に送っていた報告書から、彼が極めて勤勉な人物だったこともわかっています。スペインの国務を殆ど一人で取り仕切っていたわけですからね。

 彼が政治の表舞台に登場した1620年代前半から失脚した1640年代初頭に至るまでの20年間、スペインの課題は同じでした。無秩序に増殖した属領をいかに統治するか。破綻した財政をいかに立て直すか。

 第一の課題も第二の課題も、改革の実現を阻んでいたのは「既得権」というやつでした。アラゴンやカタルーニャ、ポルトガルなどの属領は、カスティリアの政治権力による統治を徹底的に阻み続けました。ちなみに、合理的に考えればこれらの属領はカスティリアと緊密に連携を取っていった方がお得なのです。少なくとも1630年代まではカスティリアの陸軍力は欧州最強でしたから。この軍事力を利用して貿易や商工業、金融業などを振興していけば、イベリア半島はもうしばらく世界帝国を維持出来たかもしれません。

 しかし、彼らは正反対の行動を取りました。1640年、カタルーニャとポルトガルが相次いで大反乱を起こします。内輪揉めです。まだ三十年戦争も西仏戦争も続いているのにですよ。さらにこの頃、アンダルシアも反乱を企てていたと言います。結局ポルトガルはこれで独立してしまいましたし、カタルーニャは既得権を保証されることで矛を収めました。

 第二の課題についても、オリバーレス伯爵の改革は頓挫しました。彼はカスティリアの生産力を考えると、現在の税収は少なすぎると考え、大胆な税制改革を試みたのです。具体的には貴族階級への課税と、収税制度改革です。しかし前者は貴族階級の大反抗を引き起こし、後者は収税制度の複雑さを悪用して私腹を肥やしていた汚職官吏たちの抵抗を受けました。

 彼らが使ったのは、顧問会議での徹底的な抵抗を続ける裏でフェリペ4世に働きかけて、オリバーレス伯爵を失脚させるという戦術でした。そしてこれは成功します。オリバーレス伯爵は突如、公職の解任を通告されて隠居を申し渡されます。既に長年の激務で消耗しきっていた彼は、この2年後にレオンの隠居先で消耗死してしまうのです。

 現在、研究者の中には彼を同時代のフランスを支えた宰相リシュリューに比肩する大政治家として捉えなおそうという動きもあるそうです。
[PR]
by waka_moana | 2006-10-23 09:19 | 王様たちのはなし
 1巻に引き続き2巻でも順調に無能王の真価を発揮しておられますところのフェリペ4世陛下。実際に彼の治世は政治的には見るべきところが無い44年間だったのですが、実は彼はスペインに巨大な遺産をも残していった人でした。や、負の遺産でしょなんで冷静な突っ込みはお控え下さい。その通りですけれども、正の遺産も多少はあった。

 絵画です。彼は歴史上指折りの絵画コレクターだったんですが、それがそのままそっくりプラド美術館に収まって、観光大国スペインの大看板になっておるのですよ。政治家としてはたしかに無能そのものだったようですが、美術品の目利きとしては大したものだった。上京間もないベラスケスの才能を見抜いて大抜擢したことから見ても、彼の目は本物だったと言えるでしょう。

 フェリペ4世陛下のお気に入り筆頭はルーベンスでした。ピーテル・パウル・ルーベンス。1577年ドイツ生まれ。隊長より5つ年上ってことですね。ご両親がフランドルのアントウェルペン出身だったので、10歳の時にフランドルに移り、1591年ごろから画家としての修業を開始します。1600年から8年間はイタリアでマントヴァ公爵家に仕えていましたが、オランダとスペインの間に休戦協定が結ばれるとともにフランドルに帰還。仕えた先は? もちろんフランドルの支配者であるアウストリア大公アルブレヒト殿下の宮廷でした。といっても判りづらいかな? フェリペ2世陛下の娘婿でバリバリのハプスブルガーですよ。つまりスペイン王宮のフランドル支店みたいなもんです。

 まあそういった縁もあってルーベンスはスペインにも2回訪れているのですが、フェリペ4世陛下はこの支店採用の宮廷画家に熱中してしまうのです。そしてルーベンスのこれはという作品を集めに集めた。代表的なのが「三美神」ですね。むちむちのおばさまが3人、輪になっているという。私も実際にプラドで見ましたけど、なかなかのものでしたよ。お腹のたるみ具合とか。


 それからティツィアーノも大好きでした。16世紀イタリアの大家ですね。実はルーベンス先生、1628年にマドリッドを訪れた時、フェリペ4世陛下に秘蔵のティツィアーノ・コレクションを見せてもらって、ティツィアーノマニアの仲間入りを果たしたとされています。描いた女性の体脂肪率で言えば明らかにルーベンスの方がティツィアーノより上ですけども、作風はたしかに似ているものがある。ティツィアーノが描いたルネサンスの清楚な美女にバロックの乳脂をぶち込んだらルーベンス。非常に解りやすいですね。

c0075800_1754066.jpg

これが、こうなる
   ↓
c0075800_1752120.jpg


 ちなみにフェリペ4世陛下、1巻で出てきたあのイングランドの坊ちゃんの帰りしな、おみやげに秘蔵のティツィアーノを1枚プレゼントしております。ハプスブルグ朝スペインの栄光の礎を築いたカルロス1世陛下のお姿。「カルロス5世と猟犬」という作品。現在はプラド美術館にあります。

 何でイングランドの坊ちゃんに差し上げた絵がプラドにあるのかって?

 1649年にピューリタン革命が起こってチャールズ1世が処刑されると、遺産はオークションにかけられました。もちろんフェリペ4世陛下もこのオークションに参加して、28年前にプレゼントしたあの1枚を取り戻したのであります。

 なんて奴だ。
[PR]
by waka_moana | 2006-10-12 17:09 | 王様たちのはなし

3年待てへんか

 酔いも醒めたので続きを書きます。

 「ラス・メニーナス」の中でこちらを見ているベラスケス先生。その胸には例のサンティアゴ騎士団の十字が燦然と輝いておりますね。彼が爵位貴族ではないスペイン人としては望みうるほぼ最高の栄誉の一つ、サンティアゴ騎士団団員となったのは1659年。

 ここであれっと思った方。あなたマークシート系のテスト強そうですね。

 そう。この絵が完成したのは1656年。彼がサンティアゴ騎士団団員になる3年前です。

 なななななんと大胆な! ベラスケス先生ったら、自分を勝手にサンティアゴ騎士団団員にしたのか?

 いくらなんでもそんなわきゃないですね。誰かがいつの間にかサンティアゴ騎士団の十字を描き足したんですよ。でも誰が? 犯人は? 

 犯人も決まっています。畏れ多くもフェリペ四世陛下の寵臣中の寵臣にして宮廷画家の最高峰であるベラスケスが描いた、王女殿下の絵に落書きをして、首と胴体が分割されないままな人物は一人しかおりません。フェリペ四世陛下ご自身です。

 つまりこういうことです。フェリペ四世陛下は1623年、つまり1巻の時点でベラスケスを国内最高の画家として評価し、数年後には、彼の描いたもの以外の自分の肖像画を全て撤去させてしまったほどでした。しかも彼は国王の身の回りを差配する官吏としても極めて有能で、最終的には最高のポストである王宮配室長にまでなった。

 しかし、そこまでフェリペ四世陛下に可愛がられており、しかもサンティアゴ騎士団団員の任命権はフェリペ四世陛下にあったにもかかわらず、ベラスケスをサンティアゴ騎士団団員にすることは非常に難しかったのですよ。何故ならばベラスケスはコンベルソの家系でしたから。

 ようやく彼がサンティアゴ騎士団団員となったのは、その最晩年のことでした。彼は1660年にはこの世を去っていますからね。フェリペ四世が「ラス・メニーナス」にサンティアゴ騎士団の十字を描き足したのも、ベラスケスへのせめてもの償いのつもりだったのかもしれません。

 え? コンベルソって何かって? それはもう、2巻を読んでいただくしかないですな。
[PR]
by waka_moana | 2006-09-24 08:55 | 王様たちのはなし
作中での名称:未登場

一般的な名称:トスカーナ大公国

大公家:メディチ家

現大公:フェルディナンド2世

主な血縁:オーストリア大公家

最有力な宗教:カトリック

属領:特になし

課題:相対的な勢力の弱小化

近い将来に起こること:このまま欧州史の檜舞台からフェードアウトします。
[PR]
by waka_moana | 2006-08-12 21:11 | 王様たちのはなし