「カピタン・アラトリステ」シリーズと映画「アラトリステ」の背景知識と翻訳裏話


by KATO Kosei Ph.D
カレンダー

<   2006年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

「アラトリステ」翻訳FAQ

 「アラトリステ」シリーズの翻訳について、解りづらい部分を簡単に説明してみました。

Q1 何でチームで翻訳しているの?

A1 この場合、その方がクオリティが高くなると判断されたからです。そもそもスペイン語文学の中で現代スペイン文学は傍流というか、南米文学の方がファンも多いし実際に優れた作品(とされるもの)も多いので、南米文学の翻訳であれば専門家はおります。かつて加藤が大学院に在籍していた時、論文指導をしていた野谷文昭先生などがその代表ですね。

 しかし現代スペイン文学に正面から取り組む日本人翻訳家は殆ど居ない上に、「アラトリステ」シリーズの翻訳は広範な歴史・文化の知識が求められます。ところが現代の日本の文芸翻訳者は、文芸作品を大量に読んでいる方は多いですけれども、実証的な研究の訓練を受けた方は少ないですから、あるトピックについての現時点での客観的な知見を探索し、その信憑性を評価し、その内容を理解するという能力に劣る方が多いのです。

 一方、今回の「アラトリステ」翻訳チームの中には学部で西洋史、大学院では社会学や解釈学を学んで博士号を取得した人間も加わっています。またこの人間の博士論文を指導したのは組織神学(キリスト教神学のことです)・宗教学の専門家でした。さらに、翻訳チームには現在もスペイン在住の人間が加わっております。

 正直に申し上げて、翻訳作業の基礎となる近世スペイン文化・歴史・宗教の知識の探索という点で、このチームの能力を超える西日翻訳家は存在しないと言えます。

Q2 チームで翻訳すると訳文が支離滅裂にならない?

A2 学術書では章ごとに異なる研究者が翻訳をすることもありますが、「アラトリステ」では翻訳チームの全ての人間が全ての文章に目を通しております。また訳文の基本的な文体はチーム内の特定の人間のそれを採用しておりますので、章によって文体が異なることはありません。

Q3 一人では仕事が出来ない人達が集まってやってるんじゃないの?

A3 翻訳チームに加わっている人間には産業翻訳者として一人前と言いうる実績を持っている者もいれば、別の出版社から単独で翻訳書を出している人間もおります。また、原文において解釈が難しい部分については「意味の繋がりから見た解釈」「文法から見た解釈」の両側面から別々の人間がそれぞれの解釈を示した上で議論を重ね、最も妥当と思われる解釈を採用しております。こうした作業を行えるということは、単独での翻訳に対する明らかな優位点です。

 翻訳の信頼性を文芸翻訳以上に厳しく問われる産業翻訳において、こうしたチームによる翻訳がデファクト・スタンダードとなっていることから見ても、チームによる翻訳が品質において個人による翻訳に劣ると主張することは難しいのではないでしょうか。

Q4 複数の人間の解釈が入り混じってしまったら、作品としての統一性が失われるのでは?

A4 ポピュラー文化の生成・消費・受容プロセスの研究を専門とする研究者として加藤が申し上げますが、ここ数十年のテクスト論は、そういった「作者→読者」という単純な情報伝達図式に極めて懐疑的です。より解りやすい言い方をするならば、現在のテクスト論においては「作者の意図」がダイレクトに「読者」に伝達されることはあり得ないと考えられておりますし、そもそも「作者の意図」などというものが明確に、そして静的に存在するということさえも疑問視されております。文学テクストの意味は、物理的実在としての活字やフォントと、それを読み取り解釈する「読み手」との間で常に出来事として創出され続けている、というのが近年のテクスト論の主流的見解です。

 まあ、そういった難しい理屈は抜きにしても、「アラトリステ」においては原文において解釈が難しい部分についても議論の上である特定の解釈を採用しておりますし、それらの解釈が相互に矛盾を引きおこさないよう、チーム内のある特定の人間が最終的に全ての解釈を調整して、訳文に統一性を与えております。言い換えれば、チーム内のある特定の人物の解釈が、最終的には訳文の全ての部分に対して適用されているということです。

Q5 ヴィゴの映画とアラトリステのキャラが違うんだけど?

A5 ヴィゴ・モーテンセン氏が主演された映画「アラトリステ」は私たちが翻訳している本をもとにした二次創作物ですから、映画の解釈を訳文に反映させることはありません。「アラトリステ」シリーズは映画のノベライズでは無いことをご理解下さい。
[PR]
by waka_moana | 2006-12-29 23:18 | 翻訳作業
 もう3巻も(ネット書店では品切れが続いておりますが)店頭に並んだことですし、少し具体的に3巻の内容に言及したお話も書こうかと思います。

 この歳末のクソ忙しい中で3巻を読了された方がどれほどおられるかは判りませんが、隊長がカルタヘナ歩兵連隊で何をやっていたか、つまり兵科は何であったかが判明する辺りまでは、読み進められた方もおられるかもしれません。

 「マスケット銃兵」と書いて「ムスケテーロ」と読ませる。原語表記だとmosquetero。これが隊長のお役目でした。パイク(長槍)兵の方陣の両翼に展開して、接近してくる敵兵を狙い撃ちするのがお仕事です。使っていたのはもちろん、マスケット銃。棒で銃身を支えて撃つ、馬鹿でっかい火縄銃です。長野先生の筆になる美麗な表紙に描かれている通り。

 ところでこの「ムスケテーロ」。フランス人はこう呼びます。「ムスクテール」。ローマ字変換すればこれだ。Mousquetaire。

 さらに、この文字列を3倍にして冠詞を足すとこうなるぞ。「Les Trois Mousquetaires」。要するにあれです。「三銃士」。

 つまり、そういうことです。誰もが知るデュマ萌えのレベルテの旦那は、迷うことなく隊長を「銃士」にしたってことです。さすがに「ムスケテーロ」に「銃士」という訳語を使う度胸はありませんでしたけどね、私。というのは、ダルタニャン将軍若かりし頃に所属しておられた「銃士隊」というのは、単なるマスケット銃兵の集団というものではなく、国王が居城の外に居る間の身辺護衛をも担当する、言わば最精鋭の部隊でもあったからです。単にマスケット銃を担いでいるだけの愚連隊だったアラトリステ分隊とはわけが違うのでした。

 ちなみにフランスに「銃士隊」が生まれたのは1622年、ですから3巻の物語の2年前。おポンチなイングランド人がマドリッドでナンパに明け暮れていた時期ですね。創設したのはルイ13世。我らがフェリペ4世陛下の后殿下、イサベル王妃のお兄さんです。そして隊長たちがブレダの塹壕でシラミと戦っていたまさにその年、若きダルタニャンはガスコーニュからパリに上って、ミレディとかロシュフォールと絡みながらロンドンに向かい、あのおポンチなイングランド人の片割れに会うんです。

 僕らの若きヒーロー、イニゴくんが最後は近衛連隊の将校にまで出世させてもらえたのも、実はレベルテの旦那のデュマ・トリビュートなんでないかと見ています。というのはですね。ダルタニャン物語のエピソード2「三十年後」というお話の舞台は1648年。隊長がロクロワの戦いで立ったまま壮絶な最期を遂げてから4年後。

 この時、ダルタニャンはフランスの近衛隊たる銃士隊の副隊長としてルイ14世に仕える立場でした。そしてイニゴはカスティーリャ王国近衛隊の隊長としてフェリペ4世に仕える立場でした。ほぼ同格の近衛将校だったわけですよ。となると、「アラトリステ」シリーズは実は、「ダルタニャン物語」をピレネー山脈沿いに折り返して転写した物語なんじゃないのかと見たくなりますですよ。ねえ。
[PR]
by waka_moana | 2006-12-28 01:07 | うらよみ

『王の帰還』

 実家に「指輪」のDVDを全部置いて来てしまったので、なんだかえらく久しぶりにこの映画を見ております。チラ見です。HDに録画しておいて明日以降、書斎で自転車漕ぎながらゆっくり見るつもり。

 で、今、丁度セリエAのローマ対カリアリがハーフタイムになったので少し『王の帰還』を見たのですが、なんとも不思議な合戦をしておりますな。先ほどは重装騎兵がオークのロングボウ隊に騎兵突撃をかけていましたが、何故オークはロングボウ隊を裸のまま前線に出しているのか。密集した歩兵に長槍を持たせてロングボウ隊の前に置いておけば、敵の虎の子の重装騎兵隊は撤退するしか無かったと思うのですが。

 そして今またテレビを見たら、今度は同じ重装騎兵がオークの戦象部隊に突撃をしている・・・・・。そんな無茶な!! ああ、しかも総大将が護衛も無しで乱戦に参加してる・・・・。
[PR]
by waka_moana | 2006-12-26 22:23 | 文化

汚らしいおっさんが素敵

 2巻まででも大概、むさ苦しいオヤジが頻出して素晴らしかった本シリーズ。特に2巻中盤のアルケサル書記官の寝室の描写など白眉と言って良かったですね。似たような気色悪いシーンは4巻にもあります。どう考えてもレベルテの旦那はオヤジ好き。

 この3巻でも汚らしいおっさんは沢山出てきます。もう夢のようです。そこで、O内にこういう提案をしてみました。題してアンケート「ベスト男性キャラを選べ!」

 ノミネートキャラは以下。

・瞬間湯沸器大佐、ドン・ペドロ・デ・ラ・ダガ連隊長殿
・本音で勝負、クーロ・ガローテ兄
・カスティリアの一言主、セバスティアン・コポンス
・口喧嘩ならかかってこい、ドン・カルメロ・ブラガド中隊長
・フランドルに唐突に咲いた一輪の花、ハイメ・コレアス坊
・下請け社長の悲哀、ドン・アンブロシオ・スピノラ将軍閣下

 さて、アンケート実現するかな。私の一押しはガローテ兄です。マラテスタ師匠と甲乙付けがたい。
[PR]
by waka_moana | 2006-12-25 11:31 | 文化
Amazon.co.jpへのご注文について

 誠に申し訳ございませんがご注文いただいた以下の商品がまだ確保
できておりません。

アルトゥーロ・ペレス・レベルテ (著), et al
"アラトリステIII ブレダの太陽" [単行本]
商品の発送が3~5週間ほど遅れます。

 当サイトの規約により、商品の代金は発送時に請求させていただくため、現時点でこの商品に関するお客様への請求は行われていません。他のご注文商品がある場合は、入荷済みのものから発送させていただきますが、発送回数が増える事による追加の配送料および手数料のご請求はございませんのでご安心下さい。
[PR]
by waka_moana | 2006-12-24 09:55 | ごあいさつ
アラトリステⅢ・ブレダの太陽』が発売されました。

 1624年から1625年にかけて戦われたオランダ南部、ブレダの町を巡るカトリック連合軍とオランダ・イングランド連合軍の死闘を舞台に、当時のスペイン軍の末端の兵士たちの生き様を描いた、かなりハードな戦場小説です。モチーフとなっているのはベラスケスの大作「ブレダの開城」です。

 著者が物語を紡ぐ手腕は見事なもので、無邪気に戦場に憧れてオランダに足を踏み入れた若者が、壮絶な戦場を次々に経験して戦争のしょうもなさに気付いていくプロセスを、静謐なと言って良い筆致で淡々と描いていきます。そして、ベラスケスの名画には描き込まれなかったこの戦いのもう一つの側面を、鮮やかに浮かび上がらせるのです。

 特に物語の中盤、マウリッツ・ファン・ナッサウ率いるオランダ軍が大攻勢に出てからの展開は何度読み返しても唸らされますね。情景描写、人物の内面描写、そしてスペインという国の歴史に対する愛憎入り交じった批評。

 決して重苦しい本ではありません。ユーモアもあります。絶望的な戦場を舞台にしつつも、同時に兵士たちのしたたかさやペーソスをきちんと汲み上げていて、彼らがいかにして戦争という日常と折り合いをつけていたのかを、まさに見てきたような嘘に仕上げています。個人的には司馬遼太郎さんに非常に近い書き手だなと思っています。

 このシリーズの4巻まででは一番好きな巻ですね。5巻6巻はまだ読んでいませんが。
[PR]
by waka_moana | 2006-12-23 01:11 | ごあいさつ
 見本が来ました。表紙カッコええっすよ。厳しい戦場の生活で少し痩せられた隊長の精悍な顔つき。そしてこの目つき。

c0075800_1255819.jpg


 レベルテの旦那が「日本で出すなら挿絵はドン・ナガノでお願いしたい」と指名したなんて噂もあながち嘘では無いんじゃないかと思いますねえ。どうよ。

 ちなみに原作の挿絵はこんな感じ。

c0075800_1263152.jpg

[PR]
by waka_moana | 2006-12-22 12:15 | ごあいさつ

「畜殺用の短刀」

 1巻で隊長が「霊魂の扉」に連れて行かれる際に、ブーツのふくらはぎんとこに隠し持って行った「畜殺用の短刀」ってどんなもんだという質問があったので、少し調べてみました。

 要するにヨーロッパのお肉屋さん用のナイフらしいです。

 おお、そういえばそんな季節だからついでに紹介しちゃるか。

 マタンサmatanza。スペインの伝統的な年中行事っす。村中総出でブタさんを潰して食べちゃうぞ大会。やっぱこういう時はブタさんなんすかね。ポリネシアのルアウ(ブタを地中に掘った土ガマで蒸し焼きにしてみんなで食べる大会)もブタさんだし。

 スペインのマタンサは通例、12月上旬に開催されます。冬に向けてスタミナつけて行くんですね。解体されたブタさんはハムになったりベーコンになったりと、色々な形で保存食になります。それからモルシージャというソーセージも作る。ブタさんの血で作るソーセージ。

 おそらく隊長が使っているのは、このマタンサに使うナイフだと思うんすよね。確証は無いですが。で、どんなナイフかというと、まああまり厳密な決まりは無いんですが、薄刃で片刃で両刃付けのナイフですね。言い換えると

・刀身は薄い
・刃は刀身の片側にしか付いていない
・刃先は刀身の両面から研いで刃が付けられている(洋包丁はたいがいこれですね)

 例えば日本で言う牛刀なんてのもマタンサに使うナイフでしょう。でもあれはさすがにふくらはぎに仕込むにはでかすぎる。

 全長は最大でも12インチ、多分10インチ、もしかしたら8インチ。そんなとこでしょう。今現在、肉屋さんや解体屋さん用として製造販売されている洋包丁でそれくらいのサイズだとこんな感じになります。

c0075800_0441286.jpg

c0075800_0442450.jpg

c0075800_0443821.jpg

[PR]
by waka_moana | 2006-12-21 00:44 | 文化
 3巻の見本がO内のところに届いたそうです。そこから私んとこに転送されて来るので、最も早くて私が見本を見るのは明日。発売日が明後日ですから、フライングゲットの方(それだけの情熱を持っている読者が居ればの話だよね、という無粋な嫌がらせは無しよ)と殆ど変わらないですな(笑)。

 さて。思い起こせば1巻から既にピストルをぶっ放したり、仲間の短剣を拾ってマラテスタ師匠に突きかかったりと、大概のアーバン・ファイトは経験して来たイニゴくんですが、この3巻ではいよいよ本物の戦場を知ることになります。戦闘時もそうですが、戦闘が始まる前や終わった後にさえ、幾つもの人死にに関わって、彼の内面は変化していくのです。

 その彼の得物ですけれども、1巻では隊長の剣やピストルを運んでいるだけでした。2巻では短剣を拾いましたが、すぐに師匠に取り上げられて終了。しかし3巻では彼も自分の得物を携帯しています。短剣です。出世したなあ、おい。じゃあ4巻では何を持って出てくるのかは、さらなるお楽しみとして。

 イニゴくんがようやく手に入れた短剣、具体的にはどんなもんだったのでしょうか。ちょっと思い浮かべて下さい。想像付きますかね?

 例えば日本列島には中世以降、短刀とか脇差しという短い片手剣がありましたね。でも刀身長はあれよりも短いです。スペイン語ではdagaと書く。英語ではdagger。たしか「ロード・オブ・ザ・リングス」で隊長の友達が持っていたあれ・・・・「突っつき丸」でしたか・・・英語ではStingというあの刃物。あんな感じです。

 要するに両刃(刀身の両側に刃がつけてある)で刀身が湾曲していない短剣ですね。ランボーが持っていたような片刃のサバイバル・ナイフを想像しちゃ駄目ですよ。イニゴくんの3巻の相棒はこれ。ダガー。最初から最後まで同じ個体を使っていたのかどうかはよく分かりませんけどね。

c0075800_2327820.jpg

(これはまさに彼と同時代、17世紀初頭スペインのdagaのレプリカだそうです)

 ちなみに4巻でも彼の腰には常に短剣がぶら下がっているのですが、4巻では何故かこういう書き方をしてある。

daga de misericordia

 ダガ・デ・ミセリコルディア。「とどめの短剣」とか「慈悲の短剣」と訳します。本当です。戦場で助かる見込みの無い負傷兵にとどめを刺すのに多く用いられたからだそうです。
[PR]
by waka_moana | 2006-12-20 23:20 | 文化

マタンサの紹介

 ちょうどわかりやすい画像付きのページがあったのでどうぞ。

http://www.spainfood.jp/now/page.html

 
[PR]
by waka_moana | 2006-12-19 19:02 | 文化