「カピタン・アラトリステ」シリーズと映画「アラトリステ」の背景知識と翻訳裏話


by KATO Kosei Ph.D
カレンダー

<   2009年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 一昨日からスペイン一周自転車ロードレース「ブエルタ・ア・エスパーニャ」が始まっています。

 ところがですね。中継の映像が何かヘンなんです。ブエルタと言えば赤茶けた荒野を延々と伸びる舗装路。灼熱の太陽。オリーブとブドウの畑。石造りの古城の廃墟。丘の上に立つ黒牛の巨大看板。のはずなのに、何故か今年のブエルタは見渡す限りの真っ平らな緑の平原。風車。運河。

 そう。何と今年のブエルタはオランダで最初の3ステージを、ベルギーで4ステージ目をやってからイベリア半島に入るというコース設定なんです。ブエルタ・ア・エスパーニャが国外に出たのはこれが初めてだとか(アンドラには入っていると思いますが)。その歴史的なブエルタ・ア・エスパーニャの舞台が「アラトリステ」で言うところのフランドルですからね。隊長が聞いたらどんな顔をするかな? まあそんなこともあるのかもなって顔でノーコメントなんでしょうけど。
[PR]
by waka_moana | 2009-08-31 22:31 | 文化

そういえば

 内田樹さんも「アラトリステ」のDVDをご覧になったとブログに書いておられました(映画そのものには特にコメントは無かったようですが)。

指折り待ってた夏休み

 ヨーロッパ文学系の研究者はうっかり手を出してしまう雰囲気があるのでしょうか? 主役男優氏のネームバリューの威力なのか・・・?
[PR]
by waka_moana | 2009-08-29 06:13 | 映画
 テリー・イーグルトンやサイードの翻訳で知られる大橋洋一さんが、ブログで「アラトリステ」を激賞してくださっているではないですか。

The Spanish Match-rentoの日記

 こんな大物研究者が通りすがりみたいに「アラトリステ」を褒めてくれるとは思っておりませなんだ。といっても業界の外の方々にはわからないでしょうが、過去20年と今後20年くらいの間、日本の大学で文学や人文系社会学の研究者修行をした(する)人で、この人の翻訳書を全部避けて通れる人って居ないんじゃないですかね。私も修士課程や博士課程在籍時に何冊かは読みましたよ。『知識人とは何か』とか。

 いやあ。驚いた。

 ついでにこの人が私の妹の高校の先輩だったことにも驚いた。

 大橋さんがご覧になったのはDVDで、ということは吹き替えではなく字幕版を見られた可能性も小さくないわけです。ちょっとドキドキだなあ(劇中劇の男優の台詞で一箇所、誤訳の見落としをしてしまった私ですが、そこ以外は特に後悔している部分はございません)。
[PR]
by waka_moana | 2009-08-28 18:56 | 映画