「カピタン・アラトリステ」シリーズと映画「アラトリステ」の背景知識と翻訳裏話


by KATO Kosei Ph.D
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
サトクリフ『落日の剣』が以外な方向に面白いです。

舞台は5世紀のブリテン島南部。主人公アルトスは、一応はブリテン伯爵の爵位を持つケルト系の武将で、ローマ帝国軍が撤退していった後のブリタンニア属州(だったところ)を、サクソン人の侵入から防衛する為に東奔西走します。

いや、東奔西走どころか北へも南へも行きます。

その毎日が本当に大変そうなんですよ。

強力な重騎兵隊を組織するために、まずは南フランスの馬市まで行って種牡馬と繁殖牝馬を10頭ばかり買い付けてくるところから始まり、イギリス海峡を越えて馬たちを輸送するために既存の帆船の改造も手配すれば、そもそも馬の買い付けの資金調達もやります。

それが終われば既存の馬格の小さな馬で「負けない戦い」で凌ぎつつ、牧場で何年もかけて増やした馬格の良い馬を調教させ、悪い血統の馬は売って血統改良もして重騎兵のための馬を準備する。

軍団の中核となる騎士だけでなく、補助的兵科である弓兵や歩兵、医療スタッフのリクルートもする。

更には各地の領主との折衝、修道院や教会との調整、兵士の訓練と装備品の確保、手入れ。鎖帷子でさえ騎士団の人数分揃わないので、サクソン人の偉い人をなるべく打ちとって分捕るしかない世界。

いざ出陣となれば、何日間もかけて準備を整えますし、行軍したらしたで道に迷いかけたり泥濘に兵馬が足を取られて遅々として進まなかったり、補給物資を運ぶロバが崖から落ちたり・・・・。

駐屯地ではまたまた地元の世話人と交渉して食料や衣料品の入手と補充兵のリクルートに忙殺。これは何というか、巨大メーカーの不振事業部が新興勢力に押しまくられる中、なんとかして会社を生き延びさせようともがく、メチャメチャ有能だけどババ札引かされた子会社の社長・・・・。しかも連結子会社じゃなくなっちゃったよみたいなみたいな。

アラトリステの3巻に出てくるスピノラ将軍みたいだ。

実際のアーサー王ってこんな人生だったんだろうなあ。

それで姉には裏切られ、妻や腹心の部下は不倫?

なんちゅう人生だ。

こういうの読んじゃうと、あまたあるラノベファンタジー戦記は物足りなくなっちゃうなあ。

なお、史実ではローマが撤退した後のブリタンニア属州はあっという間にケルト系とサクソン系の小邦が乱立する巷となり、この状態が924年のアゼルスタン王によるイングランド統一まで500年間も続いたのでした。なんだかんだで統一国家って大事だよ。
[PR]
# by waka_moana | 2016-05-06 16:34 | 余談

懐かしい

懐かしいものが押入れから出てきました。

当時はまだこんなメディアも現役だったのだなあ。

後ろに写ってるのは弊社のファザーズバッグです。お買い上げはこちらまで!
[PR]
# by waka_moana | 2016-04-29 09:34 | 映画

Martin Luther

英語で近世ドイツの話を読んでいて、Martin Lutherという人名が出てきたので、あれ何で公民権運動の話がここに、と、一瞬考えてしまいました。

英語で読んでいるから、「まーてぃん るーさー」という音声日本語に変換しちゃうんですよねー自動的に。

日本語で世界史を学ぶ場合には、ここは「まるてぃん るたー」と読むのが一般的なわけですよ。

入学試験なんかでMartin Luther(1483-1546)のことを「マーティン・ルーサー」と答案に書いたら、ちゃんと正解扱いしてもらえるんでしょうか?

正解だよな?

あるいはMartin Luther King jr(1929-1968)のことを「マルティン・ルター・キング・ジュニア」と書いたらどうなるのかな?

正解ですよね?
[PR]
# by waka_moana | 2016-04-28 17:52 | 翻訳作業
東北新社さんから「最近またアラトリステの字幕について色々なことを書いた手紙が各種届いているんですが」という連絡がありました。

DVD版字幕については以前から、元アニメ脚本家の杉原めぐみ氏が独自の主張を展開しておられまして、またあの人ですかと聞きましたら、名前は男性名でSで始まる名字が書かれていたり、匿名だったり、とのこと。

最近、與那嶺恵理の案件が終わって(UCIプロツアーと全日本頑張れよ!)カタリストの案件メインとなり、少し手空きになったこともあり、色々と調べてみたら、ウィキペディアのノートページが凄いことになっていました。ここが主戦場らしいのですが、他にもコメント依頼だの削除依頼だの戦線が拡大しており、面倒くさいから途中で見るの止めました。

論点も最初は杉原理論をウィキペディアに載せるかどうかだったのが、今や加藤の名前を載せるかどうかとか(載せなくて良いですそんなもん)、お前は何で俺をブロックするんだとか、もう記事ごと削除で良いんじゃないのかとか、とにかく加藤は死ねとか・・・斜め読みだから全部は拾えてないかもしれん。

とにかく熱い。素晴らしい。IPで書き込んでる人が沢山いて難しいですが、多分、このバトルをきっかけとしてアラトリステという作品を知った人も何人かはおられるんじゃないかと思える熱量です。ありがとうございます。

あの作品、映像の美しさと最後のテルシオ戦闘には根強いファンがいらっしゃいまして、「マスケティアーズ」で16-17世紀の西ヨーロッパのストリートファイトの二段展開(先込めピストルを持てるだけ持って突入して近距離の銃撃戦から、レイピアとマンゴーシュでの斬り合いに移行)の味をしめられた方には是非、ご覧になっていただきたいと思うわけですが、そういう意味でも何であれウェブ上で議論があるというのはSEOになりますからね。

いや、別にDVDがどれだけ売れようが私にはお金は入りませんが(監修料は定額でいただいておりますので)、どうせなら色々な人に見て欲しいじゃないですか。

ですから、議論大いに結構。独自の解釈もどんどん公開して欲しいです。もっとぶっ飛んだ解釈も期待したいな。

あとですね、DVDの字幕の著作権(著作者人格権に含まれる著作物の同一性保持権)をお持ちなのは翻訳者の佐藤さんなので、字幕を変える権利は私には無いですよ。そこだけ念のため注意喚起しておきます。

では、引き続きよろしくお願い致します。
[PR]
# by waka_moana | 2016-04-26 23:08 | 余談

オランダの運河

お久しぶりです。3巻の訳語について二つほどご報告。

3巻で劇中のスペイン人たちが、彼らに敵対する勢力のことをオランダ人と呼び、彼らが戦っている地のことをしばしばオランダと呼んでいるのですが、実際にはまだスペインはネーデルラント連邦共和国の独立を認めていない時期なので、何でスペイン人がオランダゆーとるのという疑問は当然出てまいります。

私にもわからんです。

例えば冒頭の

「秋の夜が明けようとしている。じめじめとしたオランダの運河には、全くうんざりさせられる。」

これの原文は

”Voto a Dios que los canales holandeses son húmedos en los amaneceres de otoño.”

なんです。原文にオランダってあるんで、さすがにここを「ネーデルラントの運河」とは訳せなかったです。

ここだけ見ると、カルタヘナ連隊が展開しているのがホラント州だからcanales holandesesなのかもしれませんが、別の場所では「イングランドとオランダの連合軍」なんて話も出てくるので、うーむ、どうなんですかね。小説の体裁として、壮年期のイニゴが過去を振り返って語るという形になっているので、語り手であるイニゴの現在においてはオランダという国が成立しているから、ということかもしれません。

そしてこちらは、今更ですが完璧な翻訳ミスを発見したのでお詫び。3巻の3章です。

「とはいえ、我らがスピノラ将軍には目をかけられていたし、マドリードには強力な人脈を持っていた。彼は宮中伯領の戦い には上級曹長として従軍し戦功を上げ、フルーリュスの戦いでドン・エンリケ・モンソンがカルバリン砲 に片足を吹き飛ばされると、その後を継いでカルタヘナ歩兵連隊の指揮官となった人物である。」

原文はこちらになりますが・・・・

"Favorecido de nuestro general Spínola, con buenos valedores en Madrid, se había hecho una reputación como sargento mayor en la campaña del Palatinado, recibiendo el tercio de Cartagena después que a Don Enrique Monzón una bala de falconete le llevara una pierna en Fleurus. "

訳文で「上級曹長」とある部分、原文ではSargento Mayorですが、これは当時のスペイン陸軍の軍制では将官の階位の一つで、Captain General、Maestro de Campoに次ぐ階級だということを最近知りました。連隊の中で3番目ですかね。

当時は近現代とは将官のランクもかなり違うので、じゃあどう訳すかと言われると相当困るのですが、上からの序列で言えば少将、指揮下にある兵力の規模で言うと中佐くらいです。近現代で言えばね。

そのまま「サージェント・マジョール」と訳すかなあ・・・。

今も「アラトリステ」シリーズを読んでくださっている方というのは、レアだとは思いますが。あ、でも人材コンサルティングのクライアントの社長さんがこないだ読んでくれて「あれ、めちゃめちゃ手間かけとるな。手間かけすぎだわ(笑)」と笑っておられました。

小説の方を一緒に訳した方々とはもう連絡も取れなくなってしまったのですが、映画の方はですね、いまだに担当の方とは飲み友達です。うちのゼミ生たちの就活の際には色々と相談にも乗って下さいましたし、去年は高校の仲間の湾岸タワマンのベランダで東京湾花火大会を見物したんですが、声優さんたちと一緒に遊びに来てくれました。

c0075800_23423667.jpg


もう10年前ですか。もっと昔みたいな気がしますが。思い出深い仕事でした。

作者は早く8巻書いて下さい。
[PR]
# by waka_moana | 2016-04-24 23:42 | 翻訳作業