ケベード「ハワイの変なカヌーを助けてやろうじゃないか。」

 以下の募金活動に発起人として加わることになりました(膝の上の息子をあやしながら片手打ち)。

c0075800_22463114.jpg


  「地球交響曲」第三番に故星野道夫と共に出演したハワイの英雄ナイノア・トンプソンが、あの、古代遠洋航海カヌー「ホクレア号」で、いよいよ日本にやって来ます。
 
 ハワイからミクロネシアを経て日本列島に至る、この大航海はナイノアの長年の夢でした。3歳の頃から、海との付き合い方を日系2世のヨシオ・カワノさんから教わったナイノアは、その恩返しの想いと、数千年前に南太平洋から北米アラスカまでを繋いだ、環太平洋海洋民族の魂を21世紀に甦らせるために、この大航海に乗り出したのです。星に導かれ、波を読み、風の伝言に耳を傾けながら目的地に向かうこの旅は、21世紀の子供達へのナイノアからの贈物です。

 この壮大なプロジェクトを達成させるために私たちは、航海の安全を祈り、日本国内滞在を支援することを目的とした「ホクレア号航海2007基金」を立ち上げます。

 この基金は、ホクレア号の乗組員が日本国内で活動するための資金として使われます。
 
 ぜひともナイノアの熱い志を多くの皆様の手でご支援くださるようお願い申し上げます。

*ホクレア号はミクロネシアへの航海の後、4月から6月にかけて日本に到着する予定。寄港場所は、沖縄(糸満)、熊本(宇土)、長崎、福岡、山口(周防大島)、広島、愛媛(宇和島)、横浜の予定です。
航行距離:6,959マイル(約11,200キロ)、航海予定日数74日間。

ハワイ州観光局公認「ホクレア号航海2007基金」
【発起人】
龍村 仁
龍村ゆかり
海部宣男(天文学者、前国立天文台ハワイ観測所所長)
加藤晃生(翻訳家、ホクレア・ブログ翻訳)

【世話人代表】
杉原三智子

【所在】
新宿区新宿2-2-1-1307
有限会社龍村仁事務所内

【ホクレア号航海2007基金〔呼びかけ人〕】
名嘉睦稔(版画家)
Halko(ミュージシャン)
C.W.ニコル(作家)
後藤明(同志社女子大教授)
海部陽介(国立科学博物館教授)
辰野勇(日本カヌー連盟理事、モンベル社長)
北山耕平(作家、翻訳家)
宮里裕司(沖縄県座間味村議員、シーカヤックガイド)
西岡正三(『ターザン』編集部)
洲澤育範(カヤックビルダー)
サンディ(シンガー・クムフラ)
湯川れい子(音楽評論家、作詞家)
拓海広志(海洋エッセイスト、オフィス☆海遊学舎主宰)
宮本亜門(演出家)
藤崎達也(NPO SHINRA代表)            ※順不同

「ホクレア号航海2007基金」への参加方法

目標金額 500万円

2000円以上の任意の額を下記口座へお振込みをお願いいたします。
郵便振替口座番号  00140-4-539612
口座名称        ホクレア号航海2007基金

〔特典〕
○ホクレア号航海2007のオリジナルステッカーを全員に差し上げます。
○ホクレア号航海の情報をお届けします。
○5000円以上のご寄付をいただいた方には、ホクレア号航海2007オリジナルTシャツ(定価2,100円)を差し上げます。郵便振替用紙にご希望のサイズ、色のご記入をお願いいたします。(数に限りがあるため、ご希望に添えない場合はご連絡いたします)
  
  色:ホワイト・ネイビー・グレー   
  サイズ:        
S M L XL
身幅 49cm 52cm 55cm 58cm
着丈 66cm 70cm 74cm 78cm

●ホクレア号、及びナイノア・トンプソンについて詳細をお知りになりたい方は、下記のホームページをご覧下さい。

ポリネシア航海協会
(PVS)http://pvs.kcc.hawaii.edu/2007voyage/index.html

ホクレア号航海ブログ

ホクレア号の現在位置
[PR]
by waka_moana | 2007-03-13 22:51 | ごあいさつ