人気ブログランキング |

口笛吹いて

 「カピタン・アラトリステ」シリーズの登場人物は、特に悪役に見所のある人物が多いのですが、その中でも小生が一押しの怪男児が、ご存じグアルテリオ・マラテスタ。イタリアはシチリア島出身の殺し屋で、アラトリステの宿敵として大活躍するお方です。既に読了された方はマラテスタ師匠の魅力をよくご存じのことでしょう。

 さて。マラテスタ師匠といえば、何と言ってもその出囃子ね。ただしマラテスタ師匠は無駄金を使わないクールな男なので、出囃子の演奏は他人任せにせず、自分で演奏しながらの登場が基本のようです。

 曲は「シャコンヌ」。それでは「シャコンヌ」ってどんな曲なのか。一応、私は日本音楽学会正会員ですから、適当なことを書くにしても、それくさい粉飾は施さなければいけません。というわけで、昔使った教科書を引っ張り出して調べて参りましたよ(修士課程の院試で使って以来なんだなこれが)。

 まず押さえておきたいのが、「シャコンヌというのはジャンルの名前であって、特定の曲の名前ではない」ということ。だから駅前のツタヤに行って「マラテスタ師匠のテーマソングください」と言っても、この曲というのを決められないんですね。

 それでは、具体的には「シャコンヌ」というのはどんな音楽なのか。順に説明してまいりましょう。

 ヨーロッパのえらい人が耳にしていた音楽のことを、現在では「クラシック」と呼ぶわけですが、アラトリステたちがマドリッドの裏通りで暗躍していた時代すなわち17世紀のアタマくらいというのは、この種の音楽の一大転換期でした。西洋音楽史的な時代区分法で言うと、バロックという時代に当たります。学生には「バロックは1600年から1750年まで」と憶えさせます。もちろん現在の音楽学ではそんな豪快な割り切りはしていないのですが、四捨五入すればそんな感じ。17世紀が始まってからヨハン・セバスティアン・バッハが死ぬまで。1600年頃に「クラシック」の基本的な形が出来上がり、古典派、ロマン派の時代にその形でやれることが限界まで追求されて、印象派でアンコールをやって、その後は「現代音楽」という別のジャンルになる。その始まりの時代がバロック時代だったんですね。

 16世紀まで、ヨーロッパのえらい人が聴いていた音楽の中心は声楽でした。声が主役。以前にブームになった「グレゴリオ聖歌」なんかを想像していただくとわかりやすいですね。ところが、17世紀に入る頃になって、楽器の性能がググっと上がって参ります。良い楽器を作れるだけヨーロッパ社会が豊かになってきたということもありますし、いい加減、声楽に飽きたということもあるでしょう。そして17世紀に花開いたのが、様々な器楽でした。インスト楽曲ですよ。中心となるのは鍵盤楽器です。特に幅をきかせていたのがハープシコードとオルガンです。それからバロック時代前半にはリュートというのもまだ頑張っていました。

 そして、えらい人の為に、えらい人の家で、えらい人に雇われている専属の楽隊が、ハープシコードやリュートで演奏して差し上げていた器楽曲の中に、えらい人たちが踊るための曲、すなわち舞踏曲というものがあったのでした。「シャコンヌ」はこの舞踏曲の一つのジャンルですね。ネタとなったのはスペイン方面の民俗音楽だったようです。その雰囲気をパクって、えらい人用に上品に仕上げた。辞書的な説明はこんな感じです。

「この種の舞踏曲は低声部で短い主題が何度も繰り返され、上声部では対位法的進行が変化しつつ続く構成であり、またパッサカリアやシャコンヌにおいては、和声的進行に基づくどちらかといえば自由な変奏曲となるものもあった。」

 なんのことだかさっぱりわかりませんなあ。これを分かりやすくも適当に書き直すとこうなります。

「鍵盤奏者の左手はひたすら同じテーマを弾き続け、逆に右手は追いかけっこしながら次々にビミョーに変化していくようなメロディをチャラチャラと展開した。さらに和音の繋げ方のセオリーが確立してくると、左手で淡々と和音を弾きながら右手で適当に雰囲気を出してアドリブを繰り出す曲をパッサカリアとかシャコンヌと呼ぶようになった。」

 申し訳ない。私自身の専門は音楽学の中でも、どちらかといえば社会学や教科教育学寄りなもんで、こういう西洋音楽史はあまり得意ではないのです。

 きっとマラテスタ師匠はどこかのえらい人の家で「シャコンヌ」を聴いて、気に入っちゃったんでしょうね。それで自分の入場テーマにした。誰の書いたどの「シャコンヌ」かは謎です。だって当時の作曲屋といえば、次から次へと新曲を書いて、一回か二回演奏してそれでその曲はもう使わないという、いわゆる一つの書き飛ばしが基本でしたから。しかも作曲屋なんてものは無数にいました。いくらでもいた。現在まで名を残している奴なんてのは、氷山の一角にすぎません。だから、マラテスタ師匠が耳にしたのも、きっとそういう無名作曲屋の書き飛ばした無名の「シャコンヌ」だったことでしょう。

 さて。マラテスタ師匠の出囃子が特定できないのであれば、何か適当な「シャコンヌ」で雰囲気を出してみるしかありません。手っ取り早く手に入るのは、ヨハン・セバスティアン・バッハの「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ」の中の「パルティータ第二番」の五曲目か、伝トマス・アントニオ・ヴィターリ(実は違う人が書いたらしい)の「シャコンヌ」でしょう。後者はバロック時代のバイオリン独奏曲集を買ったらかなりの確率で入っている超有名曲です。私がヴァイオリン出してきて弾いて差し上げても良いのですが、練習する時間が無いのでまたの機会といたしましょう。

 このどちらかのメロディをアタマに叩き込んだら、黒い帽子と黒いマントを被ってそれを口笛で吹いてみれば、気分はもうマラテスタ師匠ですね。間違いなく。「ティルリ、タタ~」という出だしから考えると伝ヴィターリ作の曲の方が近いかな。
# by waka_moana | 2006-07-09 00:13 | 文化

マリア・アナ王女の生涯

 マドリまでナンパに来たチャールズ1世とは結局結ばれなかったマリア・アナ王女ですが、その後の彼女はどうなったのでしょうか?

 彼女はあの事件の8年後、1631年にハンガリーおよびボヘミア王のフェルディナントに嫁ぎました。この旦那が1636年に神聖ローマ皇帝フェルディナント3世になります。

 すごいじゃん。神聖ローマ皇妃っすよ。

 ところがですね。このフェルディナント3世が神聖ローマ皇帝になった時代というのは、三十年戦争(1618-1648)の末期でして、結局彼は、この戦争を収拾する為に、プロテスタント諸侯に大幅な譲歩を余儀なくされます。具体的に言えば、彼らの実質的な独立を認めてしまったのです。これは神聖ローマ帝国の事実上の終焉でした。だって国家としての体を成さなくなったわけですから。

 なお、この夫婦は6人の子供に恵まれたのですが、うち4人は早死にしてしまいます。長男は21歳、三男は2歳、四男1歳。次女0歳。
 生き残った子供たちのうち、長女マリアナはフェリペ4世(ん?)の妻となってスペイン国王カルロス2世を生みました。
 四男は後の神聖ローマ皇帝レオポルド1世。

 ちなみにチャールズの方を選んでいたらどないなったか?

 それはわかりません。なんとなれば、イングランド王にスペイン王女が嫁いでいれば、当時の国際情勢は大激震に見舞われていたでしょうから。歴史の全てが変化していたはずです。史実のチャールズはフランスから王妃を迎え(=カトリック)、ピューリタンの弾圧に精を出してピューリタン革命を勃発させ、断頭台の露と消えました。それが1649年。ちなみにこの間、史実のチャールズの妻ヘンリエッタはローマ法王やフランスの力を借りてチャールズの軍資金を集めるなど奔走したのですが、逆にイングランド国内の王党派(=プロテスタント)に疎まれて、結局チャールズは刑死。ヘンリエッタはフランスに戻ったものの、息子チャールズ2世による王政復古に伴って1660年、イングランドに再上陸します。しかしイングランドの水は肌に合わなかったらしく、1665年にはフランスに戻り、そのまま生涯を終えました。

 さて。この流れを見るだに、チャールズの方に行っていてもどうせピューリタン革命は起こり、そしてマリア・アナに為す術は無かったでしょう。彼女もカトリックですからね。というか、そもそも彼女は1646年に40歳で死亡していますから、ピューリタン革命までも生きていなかった・・・・。

 う~む。だったらまあ周囲全部カトリックのオーストリア・ハプスブルグに行っておいてやはり正解だったんじゃないっすかねえ。長註にも書いた通り、チャールズのスチュワート家も隠れカトリックだったんすけどね・・・・。
# by waka_moana | 2006-07-08 08:06 | 王様たちのはなし

2巻のタイトル

 アマゾンの「出版社からのコメント」で知ったのですが、2巻のタイトルは『異教の血』だそうです。原題を直訳すると「血の純粋性」とかそんなような感じになるのですが、原題直訳系の邦題はどう工夫しても語呂が悪いので、なんとかならんものかとボカネグラ神父さまに相談したところ、アルケサル書記官さまからO内に圧力がかかったようです(嘘80.0%)。

 2巻はですね。作業していても本当に面白かったですよ。展開はダークでちょっと痛い描写もありますけどね。まあ宗教裁判ネタを扱ったにしてはグロを極限まで抑えてあって、著者の努力が伝わって来ます。その気になったらいくらでもグロがやれるテーマですからね。

 そして。2巻では私の一押しのグアルテリオ・マラテスタ先生が大活躍です。心優しき極悪人。特に(伏せ字)や(モザイク)と絡むシーンは倒れそうなくらい渋いんです。オリバーレス伯爵やアルケサル書記官、アンヘリカもそれぞれ見せ場貰ってますしね。アンヘリカのワルさもちょっと想像を超えていて、かの峰不二子も顔色無しですよ。ええ。

 2巻は8/25発売だそうです。今度こそ誤植追放。頼むよO内。
# by waka_moana | 2006-07-07 20:36 | 翻訳作業

 1巻の作中で、最初は「バッキンガム侯爵」として登場していたジョージ・ヴィリヤーズが最後の方では「バッキンガム公爵」になっているのは何故、という質問を頂きました。

 実は作中でも触れられているのですが、彼はこのマドリッド滞在中に爵位が一つ上がって公爵になっているのです。
# by waka_moana | 2006-07-06 20:39 | QandA

ヨーロッパの王室と領土

 このシリーズを読んでいて、戸惑う方も多いのではないかと思うのが、各国の王室と領土の関係です。例えば当時のスペイン王国は、ヨーロッパの中でもポルトガル、現在のオランダ及びベルギー、イタリア半島南部、シチリア島などを支配していました。

 それでは、スペイン王国はどうやってこれらの地域を手に入れたのでしょうか? 自慢の歩兵隊を送り込んで征服したのか? 違うんです。これは特に当時のスペイン王家・・・・ハプスブルグ家の得意技だったのですが、各地の有力な家と婚姻関係を結ぶことで、これらの家の領地を吸収していったのですね。もちろん所領を継承する際に紛争になることもありましたが、そこは自慢の軍事力が物を言うわけです。

 それでは、そういった言わば落下傘で降りてきたような支配者を、領民はどう思っていたのでしょうか? どうも、あまり気にしていなかったのではないかと言われています。これについては上手い言い方がありまして「ヨーロッパの王様というのはバーの雇われママのようなもの」なのだそうです。

 私はバーというところに出入りした経験がないので詳しいところは知りませんけれども、要するに「きちんとした仕事をしてくれれば、前歴は問わない」ということのようですね。誰だったかなあ。司馬遼太郎さんか堀田善衛さん、どちらかの言い方だったと思うんですけどね。

 さて。「スペインというバーのママ」がハプスブルグ家に切り替わったのは1516年のことでした。それ以前のママはトラスタマラ家という家で、この家の人がカスティリア王国とアラゴン王国を別々に持っていたのですが、アラゴン王のフェルナンド2世とカスティリア女王のイサベル1世が結婚した時に王位をまとめて、スペイン王位が誕生します。ところがこのバー「スペイン」のママはフェルナンドとイサベルの夫婦が初代、彼らの娘ファナ(狂女王)が二代目をやって、そこでトラスタマラの家名を継ぐ人材がいなくなってしまったのです。というのは、ファナは神聖ローマ皇帝の息子フィリップ(美男公)と結婚していましたし、ファナ以外のトラスタマラ王家の直系は死に絶えてしまっていたのですよ。なんてこと。

 結局、フィリップとファナの息子カール・フォン・ハプスブルグがスペイン王位を継承してスペイン王カルロス1世(しかも神聖ローマ皇帝位も継承してカール5世)となります。バーのママの名字がトラスタマラからハプスブルグになったわけです。それどころかこのカルロス君、スペイン語をしゃべることも出来なかったといいますが、きちんとした仕事をしてくれれば問題無しだったのですねそれでも。

 ちなみにカルロス1世、ちゃんと仕事をしたのか? とりあえず彼はスペイン王位以外にも両手に余るくらいの門地を継承していたので、スペイン王としての仕事に専念することは出来ませんでしたし、重税を課したり故郷のフランドル人を重用したりしたので、カスティリアの貴族の反乱などもあったのですが、これはなんとかねじ伏せた。おいおい。いきなり喧嘩かよ。

 が、最低限の仕事はしたようです。つまりスペイン生まれスペイン育ちでスペイン語を喋るスペイン王を残した。

 これがフェリペ2世。ご存じスペイン王国の最盛期を築き上げた絶対君主です。
# by waka_moana | 2006-07-06 19:32 | 王様たちのはなし