相変わらず怖いぜ隊長

1章「ベルベル海賊」続き

 ムラタの艦長のマヌエル・ウルデマラスは地中海艦隊で30年に渡り戦ってきた男で、アラトリステの勇名は以前から耳にしていたし、アラトリステが自分の船に配属されたことを心強く思ってもいた。ただ、ウルデマラスには、アラトリステの経歴で気になる点が一つだけあった。アラトリステがカルタヘナ連隊を離れるきっかけとなった1609年のバレンシアでのモリスコ(改宗イスラム教徒)掃討戦である。

 スペイン建国以来のモリスコ弾圧政策により、アンダルシアやバレンシアの海沿いにはモリスコの集落が集められていたが、モリスコとスペイン人の相互対立は根深く、モリスコがベルベル海賊を手引きして海沿いのスペイン人の集落を襲わせることもあった。1609年の問題の掃討戦はベルベル海賊と組んだモリスコの村を壊滅させる戦いであったが、無抵抗の非戦闘員を虐殺する任務はアラトリステの好むところではなかった。

 一方、そうして弾圧されスペインを追われたモリスコ達のスペイン人への憎悪もまた激しいもので、彼らは地中海の対岸に渡ってベルベル海賊となり、かつて自分たちが住んでいた村々を襲ってスペイン人たちを虐殺していた。スペインによるモリスコ弾圧政策は、結局のところ、最も勇猛かつ最も残忍で最も土地勘のあるベルベル海賊を量産していたのである。ウルデマラスにとっては、ベルベル海賊は生涯にわたって戦ってきた敵であり、モリスコに同情を寄せたかに見えるアラトリステの内心は気になるところであった。

 とはいえ、戦闘直後のアラトリステを前にうっかりその話を切り出したウルデマラスは、アラトリステの冷たい視線と口調に冷や汗をかかされる羽目になった。最初は口ひげを撫でていたアラトリステの右手の位置は、いつの間にか腰まで下ろされていた。ここでアラトリステを怒らせれば確実にウルデマラスの命は無かった。ウルデマラスは何とかその場を取り繕うことに成功した。

 制圧されたガリオットの乗組員のうちイスラム教徒は奴隷として売り飛ばすためにひとまず漕手とされ、背教者やモリスコは即座にマストに吊されて絞首刑となった。吊されたモリスコの中には第2次性徴が出たばかりの子供もいた。

 ムラタは進路を変更し、メリリャへと向かっていた。
[PR]
# by waka_moana | 2010-09-05 00:01 | 6巻

村田丸の船出

 「カピタン・アラトリステ」シリーズ6巻『東方の海賊』のあらすじをこれからしばらく紹介していきますよ。

第1章「ベルベル海岸」

 1627年5月末、アラトリステとイニゴはナポリ駐留のスペイン艦隊の新造ガレー船「ムラタ(Mulata)」に搭乗して、アルボラン島付近を航行していた。ムラタはスペイン商船の護衛の任に就いており、この航海ではバレアレス諸島経由でバレンシアまでスペイン商船を護送し、そこからカルタヘナに移動してオランへと別の商船を護送してナポリへと戻る帰途であった。

 エル・エスコリアルでのフェリペ4世暗殺未遂事件の後、アラトリステの立場は「差し引きゼロ」となった。フェリペ4世の命を救うという殊勲は上げたものの、国王の前での着帽特権以外にはこれといった恩賞も無く、グアダルメディーナ伯爵とは完全に決裂。奇跡的に命拾いしたサルダーニャの計らいでアラトリステは補吏に追われることも無くなったが、マリア・デ・カストロとは完全に関係が終わったし、相変わらず無一文の剣客でしかなかった。
 
 一方、大逆の陰謀が露見したボカネグラは強制的に病院に閉じこめられ、マラテスタの消息は杳として知れない。ルイス・デ・アルケサルは処刑こそ免れたものの、ヌエバ・エスパーニャに左遷され、アンヘリカとともに旅立っていった。唯一ツイていたのはイニゴで、ケベードが王妃のコネで、18歳になると同時に近衛隊に入隊出来るよう手配してくれたのである。とはいえ近衛隊で栄達するには家柄か手柄が必要であり、フランドルでブレダ攻城戦を経験していたとはいえ、正規の軍籍を持っていなかったイニゴは、改めて従軍することになった。

 ロペ・デ・ベガの息子の件でイニゴの腕を買っていたコントレーラスはアラトリステともどもナポリに来るようイニゴを誘い、二人は1626年、バルセロナからジェノバを経由してナポリに渡った。イニゴはついに正規の軍人としてスペイン陸軍に入隊し、アラトリステの従者からアラトリステの戦友へと立場を変えた。

 アラトリステとイニゴの乗るムラタはこの日、コルセール海賊ガリオットを捕捉してこれを制圧した。イニゴにとっては5回目の海戦だった。
[PR]
# by waka_moana | 2010-09-04 14:52 | 6巻

 イングランドやイタリアやフランスが一次リーグで消えていったので、今大会はヨーロッパ勢不調かなんて言われていましたが、決勝トーナメントではブラジルもアルゼンチンもあっさり消え、4強のうちヨーロッパ勢が三つという、あれれな展開になりましたね。サッカー世界選手権。

 しかも決勝に残ったのはオランダに・・・・スペイン?
 
 こ、これは!!

 まんま『アラトリステ3:ブレダの太陽』の再戦じゃないですか。当時とちょっと違うのは、今回のスペイン軍にはカタランも入っているってとこですが(アラトリステの時代のスペイン軍はカスティリア軍でしたからね)。私、今までスペイン代表を応援したこと無かったんですが、今回はスペイン応援でいきたいと思います。
[PR]
# by waka_moana | 2010-07-08 21:13 | 余談

7巻の噂

 レベルテ先生もご多分に漏れず最近はツイッターで遊んでおられるわけですが、最近チラリチラリと出てくるアラトリステ関係のツイートを眺めていると、どうも7巻の舞台はイタリア本土で、隊長は北に向かうことになるようです。

 フェイスブックのレベルテ先生の掲示板では、センセのツイートに反応したファンたちが「北? 北っつうとスペイン街道(ミラノからアルプスを越え、ライン河沿いにフランドルへ抜けるルート)を通ってまたフランドルに戻るのか?」などと話し合ってますが、どうもその後のセンセのツイートを見るに、7巻のクライマックスはヴェネチアくさいですね。ナポリからイタリア半島を縦断してヴェネチアに向かうってことでしょうか。このルートだとローマもフィレンツェも出そうと思えば出せますね。

 かなり古い情報ですが、7巻タイトルの予告はEl puente de los asesinosですから、ヴェネチアのレアルト橋でまたマラテスタ師匠と愛し合っちゃうなんてシーンを期待しておきます。
[PR]
# by waka_moana | 2010-06-21 23:17 | ごあいさつ

考証病

 「げんしけん」の後日談を描いた読み切り短編が掲載されているというだけの理由で「月刊アフタヌーン」2010年1月号を買ってきました。

 「げんしけん」以外は全く知らない作品ばかりだったのですが、正直、読むのが辛いレベルの作品ばかりで・・・・。まず絵の平均レベルがおそろしく低いですし、ストーリーや演出も新鮮味の感じられるものが無い。「げんしけん」の作中で、笹原くんが荻上さんの投稿先が「アフタヌーン」だと聞いて妙な顔をするというページがありましたけれども、あれは「そんなレベルの低い雑誌に投稿か」という意味だったんでしょうか。

 中でも気になったのは、細かい部分での考証のあやしさですね。例えば「水域」という作品では、おそらく20世紀初頭の日本の山村が舞台に用いられているのですが、設定として「常に雨が降り続いている」「ある世帯の父子を残して村人が全て姿を消した」とされている。そこでまず私が思ったのは「こういった山村で、それだけ雨天が続いているとしたら生業が成立しないのではないか?」ということ。山あいの村というのは平地が少ないので田畑そのものが狭く、しかも日照時間がただでさえ短い上に水が冷たいので、平野部の田畑ほどの生産力は無い。それを補うために各種の山仕事(炭焼き、狩猟、採集、林業)をするというのが一般的です。

 ですが、それだけ雨が続いていれば山林は地盤がゆるんで危険な状態になるでしょうし、作物も育たない。それに山村を維持する各種の共同作業が出来なくなりますから、残った1世帯も村を捨てるしかなくなるはず。これが完全にファンタジー調の作品ならばともかく、作中には村人が兵士として軍隊に入るようなエピソードもあるわけですから、ある程度は現実的な演出をして然るべきだと思うのです。作者は前作で非常に高い評価を受けられた方とのことですが、どうも私には、考証の甘さが目について、作品世界に入り込めませんでした。

 「ヴィンランド・サガ」という作品も大きな賞を取ったそうですが、奴隷兼傭兵の主人公が「デンマーク軍のイングランド侵攻にも参加した」と語るのに、また引っかかる。5歳ごろから傭兵をやっていた、つまり学問を全く身につけていないような11世紀初頭のバイキングの戦士が、そんな近代以降の歴史学者のような物言いをするだろうか、というのが一つ。しかも、そのコマの戦闘描写を見ると、ロングボウから射出されたとおぼしき大量の矢が降り注ぐさなかで、ケルト人風の敵部隊と主人公の部隊が白兵戦をやっている。

 なんだこりゃ?

 常識で考えて、自軍の兵士が戦っているその真上に大量の矢を射かけるわけが無いじゃないですか。弓兵が仕事をするのは、敵部隊が遠くにいる時だけです。それに、クヌートの時代にこんなカエサルと戦ったガリア人みたいなケルト兵がどこに居たのか? しかも、この時代にはまだロングボウの弓兵隊は存在していなかったはず。

 う~む。

 「BUTTER!!!」という作品は私立の高校における社交ダンス部を舞台にした話なのですが、他人が偽造した入部届によって入部させられる生徒が入部を拒否したところ、「本校の部活動は最低1学期の在籍が無ければ退部は認められません」との理由で拒否されている。この生徒は私文書偽造行使の被害者ですから、ここで無理矢理入部させてしまったら、いくら私学でもヤバいですよ。保護者が弁護士に相談したら勝ち目ゼロ。教育委員会からの指導も入るでしょうし。

 何かこう、全体にアマチュア感が濃厚な作品ばかりでして。これで680円は正直、かなり割高ですね。もう買わない、というか読まないだろうなあ。
[PR]
# by waka_moana | 2010-01-20 23:42 | 余談